輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

イラっとした時にすぐにリラックスできる〇〇〇〇という考え方とは

こんばんは。

 

突然ですが、みなさんは、夜しっかり寝られてますか?

私は寝られない時があります。主に仕事が原因の時ですかね。

 

例えば・・・

  • 明日の会議でのプレゼンシーンをイメージしたり
  • 明日のイベントのシュミレーションをしたり・・・ですかね。とは言っても、結局は、知らない間に寝てしまっています。

つまり、そう深刻ではなさそうです。

 

先日行ったストレスチェックテストでも異常なし

2015年12月から始まったストレスチェック

私が所属する会社でも行われており、今年分のチェックを受けましたが、結果は問題なし。良かった良かった。

しかし、周りの社員の中には、高ストレス状態で面談しなければならない結果になったと嘆いている人もいました。

 

ストレスから解放してくれる考え方とは

以前、産業カウンセラーの養成講座を受けたときに、学んだ内容として「論理療法」という考え方があります。結構、ストレスから解放される考え方で私は好きですね。

 

以下リンク先の通り

 

AIって人間以上に気が利くのか?【参考:日経新聞 AI時代のサムライ業(上)代替の危機 新事業に挑む 】

こんにちは。

 

先日の日経新聞AI時代のサムライ業(上)代替の危機 新事業に挑む」においても、サムライ業の多くがAIに取って代わられるという内容が記載されていました。

私としても、折角4年かけて取得した社労士においても、記事によると8割がAIに取って代わられるとの試算・・・。なんだか複雑な気分。

でも、一方で、経営側からすれば、単純作業に経費をかけることはもったいないわけで、より非定型的で創造的な仕事を人間に任せたいと思います。

よって、そういう意味では仕方がないというか、より価値ある仕事をしていく必要が出てきますね。

 

とある飲食店での出来事

いずれにしても、今後AIがいろいろな形で、我々の生活の中で活躍してくるのかなと思いますが、以下の出来事でも対応できるのでしょうか??

 

先日、よく愛用している牛丼屋のすき家に行く機会がありました。

自宅で食べるためのテイクアウトでの購入。

レジで注文をして、出来上がる少しの間レジ付近で待っていました。

 続きはリンク先

 

こんにちは。

 

10月に入り、お祭りシーズン到来!

気温もほどほどであり、とても過ごしやすい中、各地で、お神輿や櫓を担いで練り歩いている光景をよく見かけます。

http://bright-middle.com/2017/10/09/%E7%A5%9E%E8%BC%BF%E3%83%BB%E6%AB%93%E3%81%AB%E7%B5%84%E7%B9%94%E9%81%8B%E5%96%B6%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%82%92%E5%9E%A3%E9%96%93%E8%A6%8B%E3%82%8B/

担いでいる人たちは、それぞれの町内のお揃いの色の服(法被、腹掛・・・)を着ていますね。色を見れば、〇〇町だとかが一目瞭然です。

また、その色に合わせて、髪の毛にも色を付けている若い人(子供)も多く見かけます。赤や黄色、青・・・。とにかく、自身の町内の色になって、盛り上がっている感じです。ホント楽しそうです。

 

どんどん存在感が増すハロウィン

ここ最近、ハロウィンの勢いはホントすごいですね。商業ベースでバレンタインを超えているとのこと。

 

ちなみに、私も以前、イベント企画の担当でした。

で、子供たちによるハロウィンパレードの参加者を募集したところ、あっという間に満員御礼になったことを思い出しました。

そして、イベント当日は、いろんな衣装を着た子供たちによるパレードを開催。大成功でした。エリア一帯が明るい雰囲気に包まれましたことは今でも鮮明に覚えています。

 

日本のお祭りも、ハロウィンも、普段の格好から変身?!して、非日常の雰囲気で盛り上がるという意味ではある意味似ているのかなと感じます。

どんどん盛り上がって、景気もますます右肩上がりになればよいですね。

ソニー生命元社員の不正に関する会社側対応方法に疑問【週刊ダイヤモンド記事を見て】

こんにちは。

先日、ソニー生命社員が顧客から金銭を詐取したとの話を述べました。

 

そして、その後、週刊ダイヤモンド2017/10/14号にて、「営業所長が1億円超の詐取 ソニー生命の残念過ぎる体質」という記事が出て、私はその記事を見ました。

 

出社停止させないんだ~

ソニー生命のプレスリリースや顧客あてに送られてきた案内文には記載されていない内容が綴られており、興味深く読みました。

その中で、記事の中で共感する部分がありました。

「・・・同社が社内調査を始めた4月から同社員が自主退職した5月末までの間、本人を出社させていたこと。・・・顧客への不正行為が疑われる場合は、社外でヒアリングを行い、本人は出社させないのが鉄則だ。・・・同社員は不正発覚後も「部下に指示をするなど一部業務をしていたことがある」といい・・・」

「へえ~出社停止させないんだ~」

と率直に思いました。

続きはリンク先

詐取

 

日本年金機構にとって年金支給者はお客様なんだ【参考:日本年金機構 振替加算の総点検とその対応について】

こんにちは。

 

すでにメディア等で報道されています通り、本来支給すべき年金の支給漏れが100千人以上いたことが発覚しました。

で、厚生労働省のホームページを見ると、それに関する告知がされていました。

社労士試験で学んだ振替加算が支給漏れしていた

発覚の概要は次の通りでした。

ご夫婦のいずれかの年金に加給年金が加算されている方(以下、便宜的に加給年
金が加算されている方を「夫」※とします。)で、その加給年金の支給が終了したにもかかわらず、振替加算が支給されていないものについて総点検を行った結果、ご夫婦のいずれかが共済年金を受給している方を中心に、夫に生計を維持されているにもかかわらず、配偶者(妻)に振替加算が支給されていない事象が判明しました。該当のお客様には、ご迷惑をおかけしたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。※妻に加給年金が加算されている場合も同様です。その場合は、「夫」を「妻」と、「配偶者(妻)」を「配偶者(夫)」と読み替えてください。

なるほどなるほど・・・続きはリンク先

 

働き方改革は余暇改革につながるか?!

こんにちは。

 

最近は「働き方改革」の一環で、私が所属している会社においても、早く帰るような雰囲気づくりをしています。ということで、私もなるべく早く帰るようにしています。

http://bright-middle.com/2017/10/11/%E6%9C%80%E8%BF%91%E5%A7%8B%E6%A5%AD%E7%B5%82%E6%A5%AD%E6%99%82%E9%96%93%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AB%E3%82%82%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%81%8C%E9%B3%B4%E3%82%8B%E3%80%90%E5%83%8D%E3%81%8D/

 

一方で、10月10日の日経新聞夕刊では、働き方改革に悩む(上)定時退社どうすれば・・・という記事がありました。

働き方改革で早く退社できるようになったものの、何をしていいか分からない――。

記事では、会社が無料講座を提供したり、ゴルフレッスンに行ったり、ウォーキングしたり・・・。

全ての内容。すご~くわかりますね。

 

ここ最近における私の過ごし方

最近の過ごし方といえば・・・

  • 日経新聞夕刊を読む
  • ビジネス雑誌(日経ビジネス週刊ダイヤモンド)を読む
  • いろいろな本を読む
  • ブログを入力する(これは毎日の日課。2017年5月上旬からずっと続いています)
  • SNSを見る
  • 皿を洗う(たま~に)

・・・ですかね。

 

つづきはリンク先  

最近始業終業時間以外にもチャイムが鳴る【働き方改革の一環として】

こんにちは。

 

メディアでも大きく報道されています「働き方改革」。

私が所属している会社(私は事務職)でも、労働時間削減も含めていろいろな形で、取り組みがなされています。

 

まずは労働時間の実態調査

数か月にわたり、労働時間がチェックされました。

分単位での状況チェックでした。

 

人事部門によるノー残業デーの徹底

終業時間になると、人事部門による各部署の見回り、及び帰宅が促されます。以前も行われていましたが、月を経るごとにだんだんと人事部門の目つきが厳しくなってきました。

 

始業休憩終業時間以外でのチャイム

チャイム付きの時計が導入されまして、設定時刻にチャイムがなるようになりました。もちろん、終業後も定期的にチャイムが鳴り、帰宅を促します。

 

有給休暇の取得促進

初夏から秋にかけて、有給休暇を5日以上取得するように依頼あり。

連続休暇取得でも良かったのですが、業務の都合もそうですが、さすがに出社できなくなってしまう?!恐れがあるので、不連続で取得しました。

 

厚生労働省では時間外労働削減の好事例集を発行している

続きはリンク先