輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

労働争議に陥りがちな事項。ケア次第で魅力ある企業になれる!!【参考:厚生労働省 平成28年労働争議統計調査の概況】

こんにちは。

 

先日、平成28年労働争議統計調査結果が発表されました。

 

労働争議の件数は右肩下がり

厚生労働省の資料によりますと、平成28年労働争議は、「総争議」の件数は391件、総参加人員は69,533人となっており、前年に比べ、件数は34件(8.0%)減、総参加人員は104,510人(60.0%)減。

「総争議」の件数は、比較可能な昭和32年以降、最も少なかった。このうち、「争議行為を伴う争議」の件数は66件、行為参加人員は15,833人となっており、前年に比べ、件数は20件(23.3%)減、行為参加人員は7,453人(32.0%)減となったそうです。

直近で言っても、平成21年に780件でしたが、右肩下がりの状況ですね。

労働組合と使用者側での話し合いがそれなりにできていることや、労働組合がそもそも減少傾向にあることも要因になっているんでしょうね・・・。

<続きは以下のリンク先>

労働争議に陥りがちな事項。ケア次第で魅力ある企業になれる!!【参考:厚生労働省 平成28年労働争議統計調査の概況】