輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

正しいものを選ぶ問題なのに、なぜか誤っているものを選んでいる自分がいる【社労士試験における蜃気楼?!との闘い】

こんにちは。

 

社労士資格試験では、選択式試験問題と択一式試験問題の2種類を解かなくてはなりません。

そして、午後に行われる択一式試験問題については、7科目70問を3.5時間で解く必要があります。

3.5時間というかなりの長時間にわたる試験であり、終わるころにはふらふらになる状態です。

そんな耐久戦的な問題ですが、聞かれる内容としては、ざっくり言いますと・・・

  • 「正しいものはどれか?」
  • 「誤っているものはどれか?」

・・・です。

これが、結構厄介なんですね・・・。正しいものだったり、誤っているものだったり、法則性がなく質問されますし、また、以前も述べましたが、個数問題もあるなど脳みそフル回転状態ですね。

 

社労士試験の問題における正誤の傾向を調べてみると・・・

ちなみに、2016年における正誤の種類を調べてみました。すると、ほぼほぼ同数の結果となりました。

※厚年問3は「支給されるもはいくつあるか」という質問でしたので、「正」というカテゴリでカウントした。

また、2015年、2014年も同じように調べてみました。

※上記と同様に直接的に正・誤を選択するような表現ではない質問があったが、当方の判断で正・誤に置き換えた。

年次における多少の差はあるものの、直近3年において、誤りのものを聞くケースが相対的に多いことがうかがえます。

 

 

社労士試験問題を解いていると、蜃気楼?!が見えてくる・・・。

一つの問題につき、おおよそ5肢ほどありますので、単純計算で70問×5肢=350肢を読み込んでいかなくてはなりません。(私の経験では、某会社の某科目の過去問題集1冊分程度ですかね。)

上述の通り、3.5時間の間、ひたすら集中して試験問題を解いていると、なんだかぼーっとしてくる時間が必ず来ます。

すると・・・見えないものが見えてきてしまいます・・・。蜃気楼です。そして、社労士試験における蜃気楼とは、正しいものを選べというのに、誤っているものを選べと勝手に見えてしまうということです・・・。

 

社労士試験の蜃気楼はいつ出てくるのか?そのエビデンスは・・・

以下続きはリンク先