輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

時間を守れない人の特徴とは?

こんにちは。

 

先日、大学時代のOB会に参加する機会がありました。

参加する年齢層は幅広く、私は40代ですので、ちょうど真ん中くらい。20代~70代まで参加しました。

とはいっても、そのOB会の主催者側であり、受付を担うこととなりました。

そこで経験したことを述べます。

 

開会直前で遅刻連絡者は3人中2人

受付は私ともう一人(同級生)の2名で行いました。

開会まで残り5分・・・。

3人がまだ来ていません。うち、2名は事前に遅刻の連絡がありました。

ということは、残り1名(ここではAという)は来るのか来ないのかがわからない状況です。

すると、受付の同級生がボソッとつぶやきました。

「Aって、必ず遅れるんだよね・・・。」

「どういうこと?」

「本当にAって時間にルーズなんだよね。以前に何度も注意したんだけど、全く聞く気がないんだよね。」

「へえ~」

受付の同級生と遅刻魔(ちょっと刺激的な言い方かな)とは先輩後輩の関係のようで、指導しているようです。

結局、開会後5分ほどしてから、Aが到着。

同じように受付の同級生が、「遅刻だよ!!」というと、

Aは「すいません~」と言いながら、入室していきました。

「でしょ~。全然聞く気がないんだよね・・・」とあきれ顔でした。

 

二次会でAと同じテーブルになった

会合は無事終了し、二次会に行くことになりました。

20名ほどの団体で居酒屋へ。

私はその団体の中では年上のほうでしたので、4席/卓に私の先輩とともに早めに着席。そして、Aとともにもう一人が、同じ宅に着席しました。

 

そして、飲み物のオーダーが始まりましたが、いきなり、Aは自分の飲み物を注文。他のメンバのオーダーは一切なし。

お通しがテーブルに運ばれてくると、いきなり「ぱくぱく」食べ始めました。

「私はあなたより20年ほど年上だし、私の先輩も隣にいるに、何の躊躇もないなあ・・・」

すると、今度は、たばこを吸い始めました。

私の隣の先輩もそれを見てたばこを吸う準備をしています。

灰皿は、Aの近くに2つ置いてあります。

私はたばこを吸いませんが、普通気づきますよね。たばこを吸うためには灰皿がいることは・・・。

でも、Aは全く気づくそぶりもなく、私がA側にある灰皿に手を伸ばし、先輩の前に運びました。

 

その後も、Aが一方的に話をしており、ホントつまらない時間を過ごしてしまいました。

「こりゃだめだな」

その後、私の隣の先輩も、隣の席へ移り、私も隣の年代層の仲間と話すようになりました。

そして、知らない間に、Aは帰っていきました。

 

遅刻する人の特徴とは

上述の通り・・・

以下リンク先