輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

おんな城主 井伊直虎ゆかりの寺 「龍潭寺」の〇〇がすごかった!!

こんにちは。

 

毎週、日曜20時から「直虎」を見ています。

それも欠かさずに・・・こんなに毎週見ることは、久しぶりというか人生で初めてではないかと思うほどであります。

 

もともと、歴史には興味がありましたが、大人になり、その興味がだんだん薄れてしまいました。

 

しかしながら、直虎の放映をきっかけに、関連本を読んでいくうちに、「井伊」家のすごさ、「直虎」のすごさにのめりこんでいってしまいました。

 

そして、すごさを感じるために、井伊家ゆかりの寺 龍潭寺(りょうたんじ)へ行ってきました。

 

アクセス方法

龍潭寺は、井伊家の菩提寺であり、井伊直虎をはじめ、徳川四天王の筆頭、直政や幕末の大老 直弼など、井伊氏歴代の菩提を祀っています。

また、南北朝時代、井伊城で北朝軍と戦った後醍醐天皇皇子宗良親王を祀っています。

 

高速道路からのアクセスが良く、新東名の浜松いなさICからが一番近そうですね。他に、東名の浜松西ICや三ケ日ICからはいなさICよりは少し時間がかかるようです。

 

さて、私も自家用車で訪問しましたが、龍潭寺のすぐ近くに無料の駐車場がありましたので、すぐに駐車することができました。

他にも多数の車が駐車してましたが、静岡県以外のナンバーばかりでした。静岡県以外の東海地方はもちろんのこと、東京や大阪なども多数ありましたので、遠方から来られている方の訪問の多さを改めて感じました。

やはり、テレビの影響力はとてつもないですね。

 

いよいよ龍潭寺の中へ。

拝観料は、大人500円、小中200円です。

早速支払いを終えて、いざ中へ。

もちろん、靴を脱ぎますので、脱ぎやすい靴での訪問が良いでしょう。

 

入って、まっすぐ進むところでしたが、多くの方がいらっしゃったので、右の通路を進んでいきました。奥には書院がありました。井伊直弼も書院で着座したと説明書きがありました。

そして、着座した目線の先には、国指定名勝 庭園が・・・

「実に、実に美しい。。。」

空には雲一つなく、とても良い天気でしたので、庭園の緑がとても映えました。

 

さて、書院までで、その先は行き止まりでした。

よって、再び、入口まで戻り、ルートに沿って進んでいきました。

 

右手には、迫力のある仏像が。。。

仏像の体や顔には傷が多くありますが、廃仏毀釈で子供たちが仏像に乗った跡とのことでした。廃仏毀釈・・・歴史の授業で習いましたね。

本堂を通り、井伊家千年のお位牌が祀られている御霊屋まで行く道中には、井伊家の籠も展示されていました。

赤地に井のマークが入っている籠ですが、とても小さかったですね。昔の人はやはり小さかったのでしょうか。。。

 

庭園はホント最高です。

以下リンク先