輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

自動販売機といっても、販売してくれない時がある【返金時の対応例】

こんにちは。

 

最近はホント暑いですね。

暑いということは、アイスコーヒーをはじめとした冷たいドリンクをついつい購入してしまいます。

そんな中でのとあるエピソードをお話しします。

 

ボタンを押しても出ない!!

先日、自動車を運転中に、どうしてものどが渇いてしまい、近くの自販機でスポーツ飲料を購入することになりました。

次のアポイントもあったため、ちょっと焦りぎみでの購入です。細かいお金がなかったため、多めに投金しました。

そして、希望の飲料のボタンを押したんですね。次のアポのことを考えながら・・・。

すると、出ないんです。スポーツ飲料が・・・。

「あれっ?確か押したと思ったのに・・・」

で、そのまま、おつりが出てきたんですね。

「うっ?おつりが出て、飲料が出ない・・・」

ひょっとして、取り出し口に引っかかっているのかなと思って、覗いてみたものの、やっぱりないです。。。

上述の通り、結構急いでいることもあったため、隣の自販機で、スポーツ飲料を購入。百円少しならまあいいかなと思いながら、自販機を眺めてみると、問い合わせ先の記載がありました。

そこで、それをメモしたうえで、一旦は車を進めることとしました。

 

アポを済ませた後、問い合わせ先に電話してみる

アポイントを済ませた後、問い合わせ先に電話してみました。

「自販機番号をお知らせください」とオペレータの声。

問い合わせ先の周りに記載された自販機番号を伝え、状況を伝えました。

すると、

「それでは、自販機を調査した後、担当から連絡させますね。その後、ご返金いたします。」

とのことでした。なんだか申し訳ないかなと思いました。

 

担当者から連絡あり

少し経ってから、担当者から連絡がありました。

自販機の状況を調べて返金しますという回答でした。

そして、数日経って、また連絡がありました。

「自販機を調査したところ、確かに、入金額と本数との差がありましたので、間違いなく、自販機の不調でした。大変申し訳ありませんでした。返金させていただきます」

とのことでした。

詳細を聞いてみると、以前は結構な割合でそのような事象があったようですが、今ではほとんどないですが、本当にごくまれに入金しても商品が出ない場合があるそうです。

私:「すいません。こんな小さな金額で電話してしまい・・・。」

担当:「いえいえ。むしろ、ご申告してもらったほうがありがたいです。というのも、自販機に飲料を補充するときに、当然ですが、お金と数量の差を確認するんです。その際、差があるとその理由を調査する必要があるんです。ということから、今回の差がわかったことは、本当にありがたいことです」

そうなんですね・・・。ということで、大した金額ではなかったですが、よかったです。

 

自販機台数を調べてみました

ちなみに、自販機がどれくらいあるのかを少し調べてみました。

一般社団法人日本自動販売システム機械工業会によりますと、飲料自動販売機は2016年12月調査で2,474,600台だそうです。結構な台数ですね。確かに、道路、オフィス、駅・・・とありとあらゆる場所にあるようなイメージですね・・・。

 

以下リンク先

 

以上、「自動販売機といっても、販売してくれない時がある【返金時の対応例】」でした。