輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

映画「関ケ原」を見る予定がある人は、〇〇しておいたほう良いですね

こんにちは。

 

最近、大河ドラマおんな城主 直虎」を機に歴史ものにはまってしまいました。

 

以前の記事でもご案内しました通り、大河ドラマを機に、井伊家ゆかりの龍潭寺にも出向くなど、以前の私では考えられないような行動に出ています。

もともと、歴史は小学生~高校生にかけて好きな教科でありました。

しかし、だんだんとそれ以外のことに興味を持ち始め、あるいは忙しさのなかで、相対的に興味レベルが下がってきてしまいました。

一方で、所属会社の社員で歴史が好きな人がいて、特に大河ドラマのことをよく話していたことがあったため、2017年は大河ドラマをずーっとみてみようと決め、今日まで見続けているという状況です。(ネット情報によると、おんな城主直虎の視聴率はあまり芳しくないようですが、、、まあ、私レベルではなかなか面白いと思っています。特に高橋一生が演じた小野政次の磔の場面はなかなかの展開でしたね。)

 

事前に関ケ原に関する本を読んでみた

映画「関ケ原」に関して、メディア等でも結構な割合で宣伝されていましたし、上述の通り、直虎が必死で守ってきた虎松(後の井伊直政)が関ケ原の戦いにおいても活躍したということから、興味レベルが格段に上がっていきました。

そこで、まずは、関ケ原に関する本をざっと読むことから始めました。

以下の「関ケ原」という本には、主演の岡田准一さんと監督・脚本の原田眞人さんのインタビューもありまして、映画の背景やこだわりを感じることができました。

そういえば、本日2017年9月10日のフジテレビ系列で放送されていた27時間テレビでも長槍の使い方について解説されていました。

上記「関ケ原」のインタビュー記事にも書いてあったのですが、長槍は敵を刺すための道具ではなくて、長槍で叩くという道具とのことで、それまでも忠実に再現していますという記事でした。

 

以下リンク先参照