輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

捨てる人がいれば拾おうと努力している人がいる【フードシェアリング】

こんにちは。

 

先日、焼き肉食べ放題のお店に行ってきました。

育ち盛りの子供がいることもあって、食べ放題は親としては安心できますね。

 

そして、時間が経つにつれて、お腹が膨れてくるわけですが、ついつい多めにオーダーしているため、結局食べきれなくなってしまいました。

「もったいないなあ。」

心の中でつぶやくものの、とても食べきれない状況でした。

もっと計画的にオーダーすべきでした。

 

食品ロスの量がすごい!!

消費者庁のホームページを見てみると、衝撃的な事実がわかります。

 

「食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。

日本では、年間2,775万トン(※)の食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は621万トン(※)。

これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(平成26年で年間約320万トン)の約2倍に相当します。

また、食品ロスを国民一人当たりに換算すると”お茶腕約1杯分(約134g)の食べもの”が毎日捨てられていることになるのです。「もったいない」と思いませんか?

大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが必要です。

農林水産省及び環境省平成26年度推計」」

 

量が多すぎてイメージできないかもしれませんが、とにかく捨てているという事実があります。飢餓で苦しむ人に申し訳ないですね・・・。

 

捨てる人がいれば、拾おうと努力する人がいる

2017年8月30日のプレスリリースで「「フードロス」削減をねらう国内初の「フードシェアリング」サービス TABETE (タベテ) 、9月4日(月)にクローズドβテスト開始。テストユーザーも募集中」を見ました。

 

以下リンク先参照