輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

職場で「このハゲー!!」と大声で怒鳴ったり、「土下座」を強要することはパワハラでしょう【参考:明るい職場応援団】

こんにちは。

 

先日、鈴木砂羽さんが出演・初演出を務める舞台「結婚の条件」に出演予定であった女優2人が土下座等を理由に舞台を降板した騒動。

ワイドショーで、鈴木砂羽さんのインタビューを見ましたが、降板した2人の見解とは全く違っていましたね。どちらが本当のことを言っているかはよくわかりませんが、もし、土下座を強要したならば、私はいやですね。

 

また、豊田真由子議員の秘書への有名な言葉・・・「このハゲー」。これも、ホント気に入らないですね。

 

気に入らないだけでは済まされない

上記のことが、皆さんの職場で起こっていたらどうでしょう?

まさにパワーハラスメントパワハラ)が発生していると思いますよね?

 

厚生労働省の【明るい職場応援団】というサイトがあります。

こちらには、職場におけるパワハラの定義が記されています。

 

「職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。」

 

職場上の優位性といえば、一般的には上司部下の関係ですが、それだけにとどまらず、経験や知識の有無も優位性に該当します。

また、業務の適正な範囲を超えてとは、例えば、上司としての権限に応じた適切な遂行(指導や注意、教育など)を逸脱する場合がそれにあたります。

 

パワハラの6類型

ちなみに、パワハラには6つに分類されるようです。

  1. 身体的な攻撃
  2. 精神的な攻撃
  3. 人間関係からの切り離し
  4. 過大な要求
  5. 過小な要求
  6. 個の侵害

6類型を聞くだけで頭に来てしまいます。上司の弱い立場に対する八つ当たり以外の何物でもないですね。上司にこれらを行うことができる権限が付与されているとはとても思えません。

 

増加するパワハラ

同じく、【明るい職場応援団】には都道府県労働局への相談件数の推移が示されていますが、「いじめ・いやがらせ」に関する相談は年々増加傾向にあります。

出典:明るい職場応援団

私の以前の記事でも例示していますが、ひどいいいようです。

※<参考サイト>「平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を見て、感じること

 

パワハラを気づかせるためには教育が欠かせない

パワハラをしている当事者としては、おそらく自身がパワハラをしていると思っていないのではないでしょうか。

「この部下を指導しているんだ!!」

なんて思いながら、熱く説教している感じなのでしょう。

 

上述の豊田議員がICレコーダーで録音した自身のコメントを聞いて、「自分が言ったとはにわかにびっくりしてしまう・・・パニックで我をちょっと失って・・・」なんていうコメントをワイドショーで放送されていましたが、まさに自身がその時の振舞いをわかっていないと言わざるを得ないですね。

ということでいうと、やはり、冷静な時に、パワハラとはこういうことだということをくちすっぱく伝える必要があります。

 

【明るい職場応援団】には、オンライン研修講座があります。

講師によるレクチャーと連動した資料、そして最後には確認テストも用意されています。

私もレクチャーを受講しましたが、わかりやすかったですよ。

 

以下リンク先参照