輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

健康である私は優先席に決して着席しません!!

こんにちは。

 

しばしば出張で電車に乗ることがありますが、今日は、とあるエピソードを述べさせていただきます。

 

そんなに混んでいない電車の中で

ちょうど、午後1時くらいの出来事です。

さほど混んでいない電車の中、私も乗客と乗客の間の席に座ることとなりました。あたりを見渡すと、立っている人はいない程度の込み具合でした。

私は次のアポのことを考えながら座っていました。

私の対面の席はいわゆる優先席。

すると、サラリーマンだと思われる男性が、空いている優先席に座りました。

 

「あれ?よく見ると空いている席はあるのにどうしてこの人は優先席に座るのだろう?」

 

そんなことを心の中でつぶやきながら、私はその男性を見つめていました。

 

優先席とは

JR東日本のホームページを見てみると、優先席について説明がありました。

お年寄りやお身体の不自由な方、乳幼児をお連れの方、妊娠されている方などのための優先席普通列車の各車両に設置しています。
また、2001年度には山手線の優先席を1車両3席から、6席に拡大し、2003年6月には、それ以外の普通列車(約7,200両)に対しても優先席を拡大しました。
山手線の新型通勤電車(E235系)では、さらに優先席を増設しております。

「やっぱりそうだよね・・・。車両が空いているからと言って座ってよいという席ではないですよね?」

と改めて思うとともに、ふと、昔の子供とのやり取りを思い出しました。

 

あそこってイタイイタイ人のためだよね?

それこそ、私の息子たちがまだ幼いころの出来事です・・・。

 

続きはリンク先参照