輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

年金=お年寄りのものと思われがちの理由を考えてみる

こんにちは。

 

先日、日経新聞に「年金時効「障害発生から」不支給分支払い認めず最高裁判決」という記事がありました。

大けがをして長い年月がたった後で障害年金を申請したものの、一部しか支給されなかったことに対する訴訟に対して、最高裁が上告を棄却したというもの。

最高裁判判例集 平成29年(行ヒ)第44号 障害年金請求事件の記載がありましたので、確認しました。

その中で、少し疑問だったのは、昭和45年にけがをして、40年近く経った平成23年障害年金の裁定と障害年金の請求をしたのが?です。

 

年金=高齢者という認識?!

ところで、社労士試験を勉強する前までは、私の認識としては年金=高齢者のことというイメージがかなり強かったです。

で、勉強したことで、障害年金や遺族年金が条件がそろえば支給されるということを理解しました。

ということは、そういうことを知らない人たちは障害年金を申請するということをどうやって知ることになるのでしょうね。

 

ちなみに、毎年送付されてくる「ねんきん定期便」。

 

続きはリンク先