輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

やはりドローンは危険なのか

こんにちは。

 

先日、日経新聞でも報道されましたが「ドローン落下、6人軽傷 岐阜の公園でイベント中」ということで、ドローンが落下した事故が発生しました。

菓子まき用に飛ばしたところ、ふらつきながら落下し、軽傷を負ったようです。

軽傷を負った中には、子供もいたということで、トラウマにならなければと願うばかりです。

ロボフェスおおがき2017

 

ドローンの飛行許可は得ていたが

国土交通省が管轄しているようで、内容については「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」のとおりです。

 

記事によると、国土交通省への許可を得ていたとのことです。

ただ、ルールをよく見ると・・・

例祭、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと。そのルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

・・・とあることから、新聞記事には許可という言葉はあるものの、承認までの言葉がないので、一体どのような状況なのかは、この記事だけではわかりません。

 

とにかく、落下してしまい、さらに下にいた人にケガを負わせたのは、一般的には想定されるドローンのリスクが現実なものになってしまいました。

 

かつてドローンを操縦したことがある

少し前ですが・・・続きはリンク先参照