輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2019年中小企業診断士合格目標/2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

お盆休みは社労士試験勉強時間の稼ぎ時!でも・・・

こんにちは。

 

社労士試験日まで残り2週間!

お盆休みを利用して、集中して勉強しよう!とご予定されている方も多いと思います。

ただ、この時期ならではのイベントも多いので、100%勉強にあてるというのも現実的には難しいのではないでしょうか。

 

社労士試験勉強も大切!でも子供と一緒に過ごすことも大切!

2017年の社労士試験合格者の属性を見ていても、仕事/子育て/親戚づきあいと、なにかと忙しい30代/40代の方が合計で約5割と、それに該当されている受験生の皆さんは時間をやりくりされながら、勉強されていることでしょう。

ちなみに、私の場合、合格年においては、「子供が来年受験だから、来年は行けない。だから今年は・・・。」という家族会議の末、お盆休みを利用して1泊2日でディズニーランド/シーへ行ってきました。(進学すると、家族旅行の機会も無くなりますからね。その後、家族で当該施設には行くことは無くなってしまいました。ということで、行っておいてよかったと今思います。時間は巻き戻せんからね。)

で、想定はしていましたが、行ってみたら当該施設はメチャ混み!!

父親の威厳を見せようと、(よくある光景ですが)入園後、ファストパス発行機まで走っていったのですが、ファストパスにありつけないほどでした。(涙)

ということで、普通に並んでいても、アトラクション利用までに2時間以上待ちましたが、それを前向きに捉えて、立ちっぱなしでテキストを持ち出して勉強していました。おかげで、並んでいることが苦にならなかったです。

4年間社労士試験を受験するたびに「お盆前に社労士試験が行われていたら、もっと良かったのに」と何度も思いましたね。でも、変えられないことをぐずぐず言っていてもしかたないですしね。

 

社労士試験勉強も大切!でも親や親戚宅に元気な姿を見せることも大切!

他方、夫婦両方の実家に行ったり、ご先祖様のお墓参りをするなども重要なイベントです。

自身や妻があるのは、親や先祖がいるからということで、親に元気な顔を見せたり、お墓参りすることは大切なことですね。

https://bright-middle.com/2017/08/16/%E3%81%8A%E5%A2%93%E5%8F%82%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%81%94%E5%85%88%E7%A5%96%E3%82%92%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%81%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%82%92%E6%84%9F%E3%81%98%E3%82%8B%E3%81%93/

ちなみに、妻が夫の実家(義実家という言葉があるのを初めて知りました。漢字変換ですぐ出てきます)に帰省することは、いろいろとストレスがたまりやすいという記事がいろいろなサイトで紹介されています。

夫の実家に帰省することは当たり前のことではないということを思いつつ、妻に感謝することは、より良い夫婦関係を保つうえで重要なことですね。(私はできていませんが・・・。)

 

とりとめもない内容となってしまいましたが、時間をうまく使いながら、社労士試験勉強ラストスパート頑張ってくださいね。

社労士試験問題を解くことはラリーカーを運転しているようなもの

こんにちは。

いよいよ、社労士試験日まで3週間余り。。。

最後の仕上げをされていることでしょう。

是非、頑張りぬいてくださいね。

 

社労士試験問題の正誤判断・・・そんなの簡単簡単!?

さて、社労士試験において、クリアしなければならない前提があります。

それは、択一試験における”正誤判断”です。

 

「なんだ。そんなの余裕余裕!!」

 

はい!!ご指摘の通りでございます。

通常の場合は、当ったり前のことですね。

 

でも、通常ではないんです、環境が・・・。

 

択一式試験は、70問という大量の問題を午後の限られた時間内に処理していかなくてはならない、とても大変な試験であります。

この大量の問題においては、「正しいものは・・・」「誤っているものは・・・」という設問ごとの”お題”があるわけですが、問題を解き進めていくうちに・・・

  • 正しいものを選ぶはずが誤っているものを選んでしまい
  • 誤っているものを選ぶはずが正しいものを選んでしまう

・・・事象が発生してしまうことがあります。あり得ないですね。でっ、でもあり得るんです。

 

2017年正誤判断の傾向は

ちなみに、2017年の社労士試験選択式問題について、調べてみました。

※個数問題においては、例えば「誤っているものはいくつあるか」という設問は”誤”と判断

正しいものを選んだり、誤っているものを選んだりと入り乱れていますね。

で、上記を科目別で集計したものが以下の表です。

全体としては、ほぼ、正誤半分の比率ということがわかります。

 

つぎに、前設問と現設問をまとめた表は以下の通りです。

※例)正誤・・・前の設問は”正しいもの”を選ばせ、現問題は”誤っているもの”を選ばせている

設問の解く順番にもよるかと思いますが、例えば、労働基準法から順番に解いていった場合の、前半戦はおそらく間違うことはないでしょう。

一方、中盤以降、疲れが出てきている中で、例えば、労一社一の2問目までは正が続いており(もっというと、その前の雇用保険では9-10問目にかけて正が続いていますね)、3問目以降で誤が3問続いています。

さらに、6問目で正を選ばせておいて、7問目以降で誤を選ばせています。

まるで、次のカーブがどちらかを判断しながら全速力でラリーカーを運転しているようなものですね。

 

そして、前問と現問の正誤組み合わせの個数と全体の比率を出してみると、以下の表のとおりです。

ざっくりいうと、「正誤OR誤正の合算で6割、連続で合算して4割」ということで

傾向としては、正誤を交互に繰り出してくる問題が多めということになります。

 

戻ります!!

正誤の個数の累計を問題別で出してみました。

30問目付近より”正”が増えて、でも、その後、”正誤”拮抗しながら、最後は”誤”が伸びていっています。

仮に勘違いしてしまうことが、1問だったとしても、その1問で泣くということが、社労士試験にはつきものです。

ですので、正誤判断ミスは絶対に避けたいですね。

 

そういった、ミスを克服する施策としては、べたではありますが、設問のところに

  • 正は〇
  • 誤は×

と強調して表記することです!!まあこれしかありません。

あとで後悔しないためにも、べたな方法でもやっていくしかないですね。

 

以上、「社労士試験問題を解くことはラリーカーを運転しているようなもの」でした。

 

社労士直前期において不安感を解消する具体策とは?

こんにちは。

 

いよいよ、2018年社労士試験まで1か月を切りました。

受験生の皆さんにとっては、まさに追い込みの時期ですね。

前回の記事でも述べましたが、模試の結果をはじめとして様々な要因で不安感が募るのがこの時期。

https://bright-middle.com/2018/07/25/%E4%B8%8D%E5%AE%89%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%B0%E7%A4%BE%E5%8A%B4%E5%A3%AB%E8%A9%A6%E9%A8%93%E5%8B%89%E5%BC%B7%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99/

 

「本当にこのままで大丈夫だろうか・・・」

 

そう思うのは、至極当たり前のこと。

だって、科目数だけでもたくさんあり、それらの詳細を”やっつけて”行く必要があるので、敵が多すぎって思ってしまいますね。

 

一番重要な敵を見極めて、やっつける!!

そういえば、7/22日曜日に放映された「西郷どん」。

当該回は、「禁門の変」でしたね。

その中で、来島又兵衛(長州力)が率いる長州藩が攻め入る中、西郷隆盛鈴木亮平)が「大将(来島又兵衛)だけを狙え!!そうすれば、敵の戦意はなくなる!!」と明確にターゲットを設定し、指示を出しています。

最小限のポイントで敵をやっつける(争いを最小限にする)という観点から言えば、効率的な戦い方ですね。

 

では、この時期の社労士試験勉強において、効率的な戦い方、一番重要な敵は誰(どこ)?

 

そうです!

すでに、皆さんが今までやっつけてきた(やっつけられてきた)数々の問題のうち、

  • 何度も間違う問題
  • 理解があいまいな問題

を集中的にやっつけていく。

これにつきます。(この時期から、新たな敵(問題)を作ると大変ですよ)

そして、確実にやっつけた問題は、「もうやらない!!」という意思をもって封印(決別)することですね。

ちなみに、私も直前期においては、間違えた問題のみをひたすらやっつけていきました。

以下の写真は、O原模試を再度実施した回答記録ノートです。択一式での回答記録です。

問題の肢ごとに”〇””×””△”をふりつつ、肢ごとの理解をチェック。”×”や”△”は徹底的にやっつけていきました。さらに、右下に理解があいまいな内容を記したうえで、やっつけたら消し込んでいきました。

 

限られた時間の中で、どんどんやっつけていくことで、自ずと不安から自信へと変化していくことでしょう。

 

暑い日が続きますが、引き続き頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

こんにちは。

 

いよいよ、2018年社労士試験まで1か月を切りました。

受験生の皆さんにとっては、まさに追い込みの時期ですね。

前回の記事でも述べましたが、模試の結果をはじめとして様々な要因で不安感が募るのがこの時期。

不安であれば社労士試験勉強するしかないです

 

「本当にこのままで大丈夫だろうか・・・」

 

そう思うのは、至極当たり前のこと。

だって、科目数だけでもたくさんあり、それらの詳細を”やっつけて”行く必要があるので、敵が多すぎって思ってしまいますね。

 

一番重要な敵を見極めて、やっつける!!

そういえば、7/22日曜日に放映された「西郷どん」。

当該回は、「禁門の変」でしたね。

その中で、来島又兵衛(長州力)が率いる長州藩が攻め入る中、西郷隆盛鈴木亮平)が「大将(来島又兵衛)だけを狙え!!そうすれば、敵の戦意はなくなる!!」と明確にターゲットを設定し、指示を出しています。

最小限のポイントで敵をやっつける(争いを最小限にする)という観点から言えば、効率的な戦い方ですね。

 

では、この時期の社労士試験勉強において、効率的な戦い方、一番重要な敵は誰(どこ)?

 

そうです!

すでに、皆さんが今までやっつけてきた(やっつけられてきた)数々の問題のうち、

  • 何度も間違う問題
  • 理解があいまいな問題

を集中的にやっつけていく。

これにつきます。(この時期から、新たな敵(問題)を作ると大変ですよ)

そして、確実にやっつけた問題は、「もうやらない!!」という意思をもって封印(決別)することですね。

ちなみに、私も直前期においては、間違えた問題のみをひたすらやっつけていきました。

以下の写真は、O原模試を再度実施した回答記録ノートです。択一式での回答記録です。

問題の肢ごとに”〇””×””△”をふりつつ、肢ごとの理解をチェック。”×”や”△”は徹底的にやっつけていきました。さらに、右下に理解があいまいな内容を記したうえで、やっつけたら消し込んでいきました。

 

限られた時間の中で、どんどんやっつけていくことで、自ずと不安から自信へと変化していくことでしょう。

 

暑い日が続きますが、引き続き頑張っていきましょう!!

 

不安であれば社労士試験勉強するしかないです

こんにちは。

社労士試験日まで残り1か月ちょっと。

それにしても、今年はホントに暑いので、勉強がはかどらないこともあるのでは。

また、模試の結果で、かなり落ち込んでしまっている方もいるかもしれません。

 

でも、でもですよ・・・。

立ち止まっていては、残念ながら、良いことはありません。

 

そもそも、この時期まで一生懸命学んできたことだけでもすばらしいことです。

だからこそ、最後まで走り抜けましょう!!

未来の輝かしい自分のために・・・。

 

<過去の記事>

社労士試験合格発表まで不安に過ごさないためには、今頑張るしかない!!

 

 

私は〇〇〇で社労士試験勉強ができない時期がありました

こんにちは。

いよいよ7月に入りましたね。

なんだかあっという間の7月。社労士試験日まで残り2か月弱となりました。

それにしても、暑~い!!

急に夏が来たって感じですね。おかげで昨日から、我が家では寝るときにもエアコンを入れるようにしました。

ただし、経済性を考えて、エアコンを入れるときは、子供たちも同じ部屋で寝ると決めているので、普段は別々で寝ている子供たちが集合し、”川の字”で寝るようにしています。まあ、子供らは高校生/中学生ということで、ある意味奇跡的な感じです・・・。いつまで続くのかな。

 

さて、社労士試験の受験勉強っていうのは、8月下旬に試験があるということから、夏のトップシーズンである7-8月の暑さを如何に乗り切るかというは実は隠れた大きなテーマです。

 

社労士試験勉強でおそらく熱中症になりました

原則的には、自宅での受験勉強をしていました。木造/戸建住宅/南向きということから、なかなか暑い環境で勉強していました。エアコンは経済性を考えて、オフの状態でした。それが思いっきり影響してしまいました。

初めての経験?!外で勉強していたわけではないのですが・・・

  • 身体が火照り続ける
  • 下痢が止まらない

これが私の症状でした。でも、当時は熱中症とは思っていませんでしたが、熱中症の症状を文書で見て初めて認識した次第です。

いずれにしましても、こんな状況では勉強する気にもなりませんでした。1週間くらい時間をロスしたように記憶しています。

厚生労働省平成29年7-9月における熱中症入院患者者数によると、7月が特に多い状況のようです。暑さが急に来る中で、身体の適応力が弱い状況の中で罹患するという感じでしょうか。

 

ちなみに、厚生労働省では熱中症予防関連のリリースがされています。

受験生の皆さん、十分お気を付けくださいませ。

社労士試験模試の結果に一喜一憂する?しない?

こんにちは。

 

 

模試の季節ですね。

それにしても、どうして社労士試験ってこんなに時間を必要とするのでしょうかね?

で、模試も同じ時間なので、実施するだけでほぼ一日つぶれてしまうし、その見直しだったり、講義を受けるなんてことになったら相当数の時間を使ってしまう・・・。

まあ、でも通らなければならない関所みたいなものですから、仕方がないですね。

 

ということで、以下の記事をご参考にしていただければ幸いです。

合格年における社労士模試受験の回数と結果、及び復習の時間数