輝かしい中年を目指して!~人生の中盤に突入したサラリーマン男子がつぶやくブログです~

2016年社労士合格/ Ai/Iot/ IT・テクノロジー/エンタメ/ ドローン/ 健康/ 労基法/ 年金/ 政府・公共機関/ 経済/ 芸術/ 資格勉強/ 農業// スポーツ/ 株式/ サービス業/ キャリアコンサルティング/ カウンセリング/家族/夫/父親

外国人労働者にベトナム人が多い理由をようやく理解

こんにちは。

 

定期購読雑誌のひとつである「PRESIDENT]

2週間に一度のペースでくるので、毎週やってくる「週刊ダイヤモンド」を読みながら、同時並行で「PRESIDENT」を読むのは実は大変。

よって、全部は読まずに、目次をみながら読みたい記事を抽出している場合が多いのが正直なところです。(もったいない)

ということで、昨日届いた2018/6/18号の目次を見てみると、気になる記事がありました。

「なぜ外国人労働者ベトナム人ばかりなのか」

 

そういえば、2017年度の社労士試験の労一選択問題で出題されましたね。

以前の記事でも述べたことはありますが、表面的なこと(社労士試験に出題されたということ)のみで終わってしまっていて、実際にどうして多いのかを理解せずにここまで来てしまっていた自分がいましたので、興味深くその記事を読み、納得しました。(詳細は当該雑誌をご覧ください)

ベトナムって思いつくかな

社労士試験での労一対策はホント大変だとは思います。

他の科目をしっかりと勉強しつつ、毎日数分でも良いので、新聞や雑誌を読むことを通してINPUTを増やしていくことをおススメします。